誘引

赤いつるバラ

赤いつるバラの開花 2020

昨年場所が決まらずに放置したため、頂芽優勢が崩れず枝先に花をつけるという情けない姿になってしまった赤いつるバラが咲きました。今年は骨折の影響もあって作業が出来ずギリギリの剪定だったのでどうかと思いましたが、無事咲いてくれました。
ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサール 2020

我が家の最も古い薔薇の1つであるピエール・ドゥ・ロンサールに蕾がつきました。ピエール・ドゥ・ロンサールは蕾がつくのは非常に早いのですが、それから開花するまで長い時間をかけて、蕾がパンパンになってから開花します。あの大輪の花を見れば納得です。
ストロベリー・ヒル

ストロベリー・ヒル 2020

2019年の我が家のMVPのバラ、ストロベリー・ヒルの蕾が大きくなり始めました。剪定と誘引を3月下旬に行ったのですが、他のバラ同様剪定の時期がとても遅くて心配でした。しかしストロベリー・ヒルはもともと遅咲きタイプなので、他のバラに比べてそん...
スパニッシュ・ビューティー

スパニッシュ・ビューティー 2020

スパニッシュ・ビューティーに蕾がついています。我が家で1、2位を争う早咲きのバラなのですが、今年も開花に向けて順調に進んでいるようです。 けがの影響で遅ればせながら3月中旬にスパニッシュ・ビューティーの剪定と誘引をしました。今...
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの剪定と誘引 2020

ブルボンローズの名花と言われる絞りのバラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの剪定と誘引をしました。骨折のため剪定作業ができず、暖冬で芽吹きも成長も早くて結構焦ってはいたのですが、ギリギリ何とか間に合いました。
栽培記録

やっと2020年の作業開始です

昨年の大晦日に左足中足骨を2本折ってしまい寝正月から1月終わり頃まで自宅療養していました。痛みはあったものの1月末頃から会社にも復帰し、3月になってやっと痛みもあまり感じなくなってきていよいよ庭のバラたちの世話ができるようになりました。
マダム・ピエール・オジェ

オールドローズのマダム・ピエール・オジェ

毎年バラのシーズンインを告げてくれるマダム・ピエール・オジェの蕾が色づいてきました。うすいピンク色の花なのに、色づいた蕾は赤~濃ピンク色なのです。開花すればオールドローズらしい佇まいで庭の主役の座を奪い取ってしまう魅力的なバラです。
ストロベリー・ヒル

スパニッシュ・ビューティーとストロベリー・ヒルの移設

今年はバラの開花と家の外壁塗装工事が見事に重なるので、壁面に誘引しているスパニッシュ・ビューティーとストロベリー・ヒルを新しい場所に移設しました。ちょうど良い機会なので新しいシュートの発生を願い少し小さめにしました。
クレマチス

フォステリー系クレマチスのムーンビームの成長

昨年11月に我が家に迎え、4月に開花したフォステリー系クレマチスのムーンビーム。花数は少ないまでも小さい可憐な花を咲かせ楽しませてくれました。花が終わり成長期に入り順調につるを伸ばしています。
マダム・イザーク・ペレール

マダム・イザーク・ペレールを植え替えました

マダム・イザーク・ペレールを植え替えました。ペレールは2015年に植え替えていましたので3年ぶりの植え替えとなります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました