誘引

ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサールの剪定 2022

わが家の老木、ピエール・ドゥ・ロンサールの剪定を3月にしました。枝は木質化するもべーサルシュートは出ず、やっと出たと思ったら1メートルくらい伸びたところでチュウレンジハバチにやられ、そこから枝分かれしてしまい全く伸びなくなってしまうなど思う...
スパニッシュ・ビューティー

スパニッシュ・ビューティーの剪定と誘引 2022

3月も半ば以降は暖かい日が続きバラの芽が伸びてきました。軽く剪定をし後日誘引をしようと思っていたのですが、日に日に気温が高くなりあっという間に葉が展開していたので3月下旬に慌てて剪定と誘引をしました。ま、毎年恒例なのですが…。 ...
ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサールの剪定と誘引

先日老木のピエール・ドゥ・ロンサールの剪定と誘引をしました。 心を鬼にできない剪定 ベーサルシュートが出なくなってから何年も経ち毎年バッサリ切ってやろうと思うのですが、枝の途中から昨年出たシュートが割と元気が良くてそこに...
スパニッシュ・ビューティー

スパニッシュ・ビューティーの剪定と誘引

3週間ほど前の話になるのですが、つるバラのスパニッシュ・ビューティーの剪定と誘引をしました。年々元気になり花数も増え花も大きくなっているスパニッシュ・ビューティーですが、花が終わってからもその成長力は衰えることなくどんどんシュートを出してく...
赤いつるバラ

赤いつるバラの開花 2020

昨年場所が決まらずに放置したため、頂芽優勢が崩れず枝先に花をつけるという情けない姿になってしまった赤いつるバラが咲きました。今年は骨折の影響もあって作業が出来ずギリギリの剪定だったのでどうかと思いましたが、無事咲いてくれました。
ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサール 2020

我が家の最も古い薔薇の1つであるピエール・ドゥ・ロンサールに蕾がつきました。ピエール・ドゥ・ロンサールは蕾がつくのは非常に早いのですが、それから開花するまで長い時間をかけて、蕾がパンパンになってから開花します。あの大輪の花を見れば納得です。
ストロベリー・ヒル

ストロベリー・ヒル 2020

2019年の我が家のMVPのバラ、ストロベリー・ヒルの蕾が大きくなり始めました。剪定と誘引を3月下旬に行ったのですが、他のバラ同様剪定の時期がとても遅くて心配でした。しかしストロベリー・ヒルはもともと遅咲きタイプなので、他のバラに比べてそん...
スパニッシュ・ビューティー

スパニッシュ・ビューティー 2020

スパニッシュ・ビューティーに蕾がついています。我が家で1、2位を争う早咲きのバラなのですが、今年も開花に向けて順調に進んでいるようです。 けがの影響で遅ればせながら3月中旬にスパニッシュ・ビューティーの剪定と誘引をしました。今...
ヴァリエガータ・ディ・ボローニャ

ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの剪定と誘引 2020

ブルボンローズの名花と言われる絞りのバラ、ヴァリエガータ・ディ・ボローニャの剪定と誘引をしました。骨折のため剪定作業ができず、暖冬で芽吹きも成長も早くて結構焦ってはいたのですが、ギリギリ何とか間に合いました。
栽培記録

やっと2020年の作業開始です

昨年の大晦日に左足中足骨を2本折ってしまい寝正月から1月終わり頃まで自宅療養していました。痛みはあったものの1月末頃から会社にも復帰し、3月になってやっと痛みもあまり感じなくなってきていよいよ庭のバラたちの世話ができるようになりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました