2018-04

スパニッシュ・ビューティー

鉢植えのスパニッシュ・ビューティーの開花2018

今年も我が家のバラたちの先頭を切ってスパニッシュ・ビューティーが開花しました。決して派手さは無いのですが、多くのロザリアンを魅了するのはなぜでしょうか。
ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサールに待望のベーサルシュートが!?

ピエール・ドゥ・ロンサールの株元から10センチほどのシュートが出ているのを発見しました。「やった、ついにピエール・ドゥ・ロンサールのベーサル・シュートが出たぞ!」と喜んだのですが…。
クレマチス

クレマチス・フォステリー系のムーンビームが咲きました

クレマチス・フォステリー系(オセアニア系)のムーンビームが咲きました。昨年秋に我が家に来たのですが、小さい可憐な花を株にびっしりと咲かせる姿が素敵です。
クレマチス

クレマチス・モンタナ系のルーベンスが開花しました

昨秋に剪定された状態で迎えたクレマチスのルーベンスが咲きました。モンタナ系は花後につるを伸ばし来年花を咲かせる性質ですので、これからどれだけ伸びるのか楽しみです。
ストロベリー・ヒル

壁面のバラたち2018/04/08

暖かい日が続いているのでバラの成長も一段とスピードアップし、壁面のバラたちも先週よりだいぶ葉が増え賑やかになりました。そして早くも蕾を持っています。
クレマチス

クレマチス・ルーベンスに蕾がついた

まさにつるバラ 昨年11月に我が家に迎えたクレマチス、モンタナ系のルーベンスに蕾がつきました。 モンタナ系とは クレマチスは世界中に約300の自生種があり、主に北半球の温帯地域に分布し、特にヒマラヤから中国、朝鮮半島、日本に多...
ムンステッド・ウッド

ムンステッド・ウッドに早くも蕾が

ウィリアム・シェイクスピア2000の後継として迎えたムンステッド・ウッド。2月に届いた時にはsでに葉が展開していましたが、穏やかな成長にもかかわらずすでに蕾がついています。
ストロベリー・ヒル

壁面のバラの芽吹き

我が家のメインスペースである壁面のバラ達が大きくなっています。昨年に比べても葉の数が多く今年は花の数も多くなりそうです。それだけ今年は暖かいと言う事なのでしょうか。
ハーブ

ラベンダー・グロッソの剪定

我が家のラベンダー・グロッソが芽吹く前にザックリと剪定しました。地植え化した巨大なグロッソですが、その花数の多さと漂う香りにに圧倒されます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました