クロード・モネの夏剪定

スポンサーリンク

クロード・モネの剪定をする

雨も上がり良い天気になったのでクロード・モネの夏剪定をしました。我が家はイングリッシュローズが多いので夏剪定なんてほとんどしたことがありません。

バラに夏剪定は必要なのか

四季咲きのブッシュタイプのバラに夏剪定をするのですが、本当に夏剪定はしなければいけないのでしょうか。聞いたところによると夏剪定は日本だけのことらしいです。日本人の性分と言うのでしょうか。それとも「お・も・て・な・し」の精神でしょうか。秋に一斉に花を咲かせて皆で楽しむと言うことなんでしょうね。日本には花見という文化もありますので、ことのほか花を見ることに関してはこだわりがあるのかもしれません。海外ではそのまま自然の成り行きで咲かせているようです。ナチュラルガーデンとか言いますからバラが咲くタイミングも自然に任せる方が本当は良いのでしょう。ですので必ずしも夏剪定をする必要はないようです。夏剪定をしないからと言って何か問題が有るわけではありません。

バラに夏剪定をするとどうなるのか

ところで。最初はクロード・モネの夏剪定をする気はありませんでした。蕾もいくつかついているし、デルバールのバラはよく咲くイメージがありますからね。何も夏剪定しなくても秋にも咲くだろうし。ですがここで色々と疑問がわいてきました。夏剪定をしたらどうなるのか…

  1. 本当に10月中旬に一斉に咲くのか
  2. エネルギーを蓄えたぶん綺麗な花が咲くのか
  3. もしかしたら枝数が増えてたくさん咲くんじゃないのか
  4. もしかしたら機嫌を損ねて咲かないんじゃないのか

色々と検証してみたくなりました。咲かないというリスクもゼロではありませんが、いろいろな方のブログを拝見すると大丈夫そうなので夏剪定することにしました。

夏剪定をしてみる

夏剪定の基本は株の高さを3/4~2/3ぐらいの大きさにすることを目安にカットします。その際、細い枝や不要な枝もカットします。さて。2/3目安にカットしようと思ったのですが中途半端な知識が邪魔をします。その知識とは…

  • 浅くカットするとすぐに芽がでる
  • 深くカットすると芽が出るのに時間がかかる

そこに今回迎え入れたのは新苗という条件が加わります。いきなり応用問題です。9月ですからそれなりに大きくなっています。とは言え新苗です。。大苗に比べたら枝は細いです。いろいろと不安と疑問が出てきました。

  • 浅めにカットすれば芽は出るだろうがこんな細いところから出る芽でちゃんとした花は咲くのか
  • 深くカットしたら芽が出るのに時間がかかってそのうち気温下がって咲かないんじゃないのか

結局リスクを取らずに3/4位にしました。一応切るときに葉の付け根の芽を見て、ここは芽が出そうだなというところでカットしました。あくまでも勘なので何の根拠もないのですが。その後肥料を与えて病気、害虫のチェック。アブラムシが確認できたので、葉一枚ごとにハンドスプレーして終了。さて、どうなることやら。夏剪定の結果は秋の開花報告で。

クロードモネ夏剪定前

剪定前

クロードモネ夏剪定後

剪定後

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告