赤いつるバラ

マダム・ピエール・オジェの鉢にキノコが生えた

そして先日時間がなくて水遣りをサボっていたものですから、土曜の夕方帰宅した時すでに薄暗くなっていたのですが水遣りをしました。その時にマダム・ピエール・オジェの鉢に白くて丸いものがいくつかあるのが暗闇の中で見えました。
■病気・害虫

ルリマルノミハムシ対策

バラを育て始めて10年経ちましたが、2年前からルリマルノミハムシがやってくるようになりました。最初は何の虫かわからず触ろうとしたらジャンプするので驚かされましたが、調べて理解したらそれほど恐れることも無く粛々と対処しています(笑)。 ...
栽培記録

2019年7月21日の作業

2019年7月21日 6月から外壁塗装工事が始まり、家は足場で囲まれました。この工事に先駆けて、足場の邪魔にならないよう5月の連休中に庭を片付けました。 ピエール・ドゥ・ロンサール スパニッシュ・ビューティー ス...
クレマチス

パテンス系ピールの開花

このピールは随分と長いこと我が家で育てていますが、ある時から謎の成長停止を繰り返し花をつけるまでに至りませんでした。しかし数度の植え替えの末、昨年やっと復活してくれました。そして今年は元気よくつるが伸びています。
クレマチス

ビチセラ系のマダム・ジュリア・コレボンの開花

マダム・ジュリア・コレボンが咲きました。昨年初めて我が家で開花を迎え、その多花性には驚きました。芽吹いてから出てくるつるの多さに驚きました。ハーグレイ・ハイブリッドは太い1本のつるですが、このマダム・ジュリア・コレボンはたくさん芽吹いてどんどん伸びていきます。そしてそのつるにたくさんの花をつけるのでとても賑やかになります。
クレマチス

ジャックマニー系のハーグレイ・ハイブリッドの開花

力強くグングン伸びる、それがジャックマニー系クレマチス、ハーグレイ・ハイブリッドの特長です。その先につけた一番花は手のひらサイズの大きな花が上を向いて咲くので、誘引を間違えると花が見えないと言う事が起こります。そんなハーグレイ・ハイブリッドが上を向いて開花しました(笑)。
ハーブ

ラベンダーグロッソが満開です

今年も梅雨の真っ只中にラベンダーグロッソが満開となりました。昨年は驚くほど早く梅雨が明けたので満開時に雨は降りませんでしたが、今年は例年通りの雨の中での満開です。
ペッシュ・ボンボン

ペッシュ・ボンボンの開花

我が家のバラの最後を飾るのはペッシュ・ボンボンです。2017年の夏に新苗で迎え、その年は数輪開花しただけでした。翌2018年は春に房咲きになるなどポテンシャルを感じさせてくれましたが、その後の開花はあまりありませんでした。
クロード・モネ

クロード・モネの開花

あたり一面を一気にポップな雰囲気に変えてしまうクロード・モネが開花しました。ピンクに黄色というとてもポップな色合いは見ているだけで楽しい気分にしてくれます。今か今かと開花を楽しみにしていましたがやっと咲いてくれました。 クロード・...
ラ・ローズ・ドゥ・モリナール

香りのバラ、ラ・ローズ・ドゥ・モリナールの開花

2017年にそのポテンシャルの高さを見せつけてくれたラ・ローズ・ドゥ・モリナール。植え替えをしてしまったせいか全く咲かず伸びなくなってしまった2018年。果たして2019年は再びあのポテンシャルの高さを見せつけて毎月咲いてくれるのか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました