ペッシュ・ボンボンの剪定

スポンサーリンク

ペッシュ・ボンボンの剪定をしました。昨年夏に我が家に迎え、すぐに鉢増しをしたので今回は植え替えません。

今年がスタート

昨夏我が家に迎えた苗は新苗でしたが、7月も終わりになるとさすがに新苗でも大きくなっています。そのため1回は花を楽しむことが出来ました。事前の情報で夏剪定しても秋には咲かないという声が多かったので放置したところ、見事にシュートは2mを超えました。大きなシュラブタイプなのでそのまま誘引しても、浅めに剪定しても良かったのですが、新苗だったと言う事を考えて深めに剪定しました。よく見ればまだ株も弱々しい感じですから仕方ありませんね。

剪定の手順

剪定の手順は

  1. マルチングをはずす
  2. 細い枝、内側を向いている枝を切る
  3. 全体のバランスを見て良い芽の上で切る
  4. 大地肥を鉢土の上に敷き、用土と混ぜる
  5. クリプトモスでマルチングをする

という感じです。

ペッシュボンボン

枝を選定して鉢土の上に大地肥を敷き詰める

ペッシュボンボン

クリプトモスを敷き詰めてペッシュ・ボンボンの剪定終了

新苗の剪定

今回は新苗からの剪定です。枝数もまだ多くはありませんし、古い枝もありません。全体のバランスを見て剪定します。これだけ長く伸びた枝を切るのは残念ですが、ペッシュ・ボンボンは大きく育つ品種ですし、まだ枝も細いので深めに剪定します特に問題も見当たらないので、土の表面にバイオゴールド・大地肥を敷き詰めて土と軽く混ぜます。そしてクリプトモスでマルチングし水をやって終了です。

昨年は我が家に迎えてから2輪ほど咲かせました。1輪はピンク系の色で、もうい1輪はクリーム色という表情を見せてくれました。そして夏以降ぐんぐん伸びて2mを超える大きさになりました。今年剪定で短くしたので今年が本当のスタートという気持ちです。どれくらい大きくなるのか、花付きはどうなのか、どれくらい返り咲くのか、など楽しみがたくさんあります。そういったことを今年はお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告