ラ・パリジェンヌが仲間入り

スポンサーリンク

新しい仲間、ラ・パリジェンヌを迎えました。大苗がなかったので新苗を頼んだのですがもう8月ですから株も随分と大きくなっています。さらにもうすぐ咲きそうな蕾が2つ付いているので今からとても楽しみです。我が家に来たラ・パリジェンヌ

今回、3品種を迎え入れました。なんでこんな時期に?と思われると思いますが深い意味はありません。本当なら開花時期に大苗を買ったほうが良いに決まっています。でもその時は「欲しいなぁ」程度でした。しかしブログを更新しているうちに「もう少し苗が欲しいな」と思うようになったのです。考えてみればここのところ枯れて処分した物が増えたので確かに数が減っていたのです。そのせいでネタが少ないというのは正直ありましたが、ブログを始めたことでモチベーションが上がりもっと育てたいと思うようになったということにして下さい。鉢増ししたラ・パリジェンヌ

で、品種はイングリッシュローズを探していたのですが、なんか華やかさが欲しいと思ったのです。もう夏ですし明るくカラフルで元気なイメージ。そこで目についたのがデルバール社のバラです。デルバール社のバラは病害虫に強く次々とシュートが出て育てやすい反面、なかなか写真のような綺麗な花に出会えないという勝手なイメージを持っているのですが、果たしてどうでしょうか。育て方次第なのでしょうか。その辺も楽しみです。そしてまず、ラ・パリジェンヌを選びました。他にも2つ迎えたのですが、それは追々アップしますのでお楽しみに。ちなみにあと2つのバラもデルバール社のバラです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告