マダム・イザーク・ペレール2号を植え替えました

スポンサーリンク

 豪華な行燈仕立てに

挿し木苗のマダム・イザーク・ペレールを植え替えました。もともとバックアップ用に挿し木したものが根付いて大きくなったので昨年8号鉢に植え替えていました。ただ中途半端な大きさだったので、支柱を3本立てて行燈仕立てにしていました。

植え替えの手順

  1. 用土を準備する
  2. 棘でケガしないように予め枝を少しカットする
  3. 鉢から取り出す
  4. 根鉢を崩す
  5. 根の状態をチェックし根をカットする
  6. 鉢底炭を敷き用土を少し入れて高さを調整する
  7. 用土を入れる
  8. 隙間なく入れたらたっぷりと水を与える
  9. 枝を選定し、マルチングして終了

各項目の説明は、この前植え替えたラ・ローズ・ドゥ・モリナールの記事に出ていますのでそちらをご覧ください。

バラの植え替えの季節がやって来ました。我が家のラ・ローズ・ドゥ・モリナールの植え替えたのですが、この時期寒いので手順と段取りが重要です。

そして用土類はラ・ローズ・ドゥ・モリナールの植え替えと同じものを使用しました。

鉢バラのための培養土

何度も登場しています私のお勧めする培養土です。小粒の壊れにくい硬質赤玉土を使用しています。
鉢バラのための培養土 18L/3袋セット バラの土【バラ 培養土】[薔薇の土 培養土]【花 培養土】

バイオゴールド大地肥

昨年、モニターに当選しました。メインのピエール・ドゥ・ロンサールの植え替えに使用しましたが、まだまだ余っていますので他のバラの植え替えにも積極的に使用しています。鉢バラのための培養土に約30%混ぜて使用しています。
バイオゴールドクラシック熟成 大地肥

鉢底炭

鉢底石のかわりに使用します。軽いだけではなく多孔質なので微生物も住み着きやすくなり、さらに水も浄化します。
創和リサイクル 鉢底炭 12L

クリプトモス

植え替え後、用土の表面に杉の皮から生まれたクリプトモスを多めに敷き詰めれば害虫対策と防寒対策になります。
杉の樹皮から生まれた天然の培養資材【クリプトモス】 20L〔バラ マルチング〕

根の状態

支柱を外し鉢から抜こうと株元をつかんでみると、気のせいか株がグラグラします。鉢から抜いてみると…。やはりネキリムシが2匹いました。そういえば昨年順調にシュートが出て伸びていたのですが、途中から失速し成長が止まったようになっていました。やはり、という感じです。でも根が半分くらい残っていたのが不幸中の幸いです。2016年夏に鉢増しをしたのですが、その時に使用したのが今使用している鉢バラのための培養土でした。今回鉢から抜いてみてびっくりしました。土がポロポロと落ちるのです。土がサラサラなのです。やはりベースとなる土の品質は重要だと再認識しました。

植え付け

鉢バラのための培養土にバイオゴールド・大地肥を混ぜた用土に植え替えます。根も食べられていて少し短くなっていたので、根の間にしっかりと用土を入れます。最後に手でギュッと押して株がぐらつかないことを確認します。枝は根が短くなっていたので少し短めに切りました。根と地上部のバランスを誤ると成長に支障が出ます。少ない根で支えられる大きさにしなければいけません。3本の支柱を立てて行燈仕立てにしてからクリプトモスでマルチングします。たっぷりと水やりをし、バイオゴールド・バイタルを与えて植え替え終了です。

とても見栄えのする豪華な花を咲かせるマダム・イザーク・ペレール。最初に我が家に迎えた時は特徴もわからないのでどう誘引すれば良いのかもわからず、とりあえず行燈仕立てにしました。結果的にそれが功を奏し、豪華な行燈仕立てが出来ました。今回もその時ほど大きくはないのですが、素敵なミニの行燈仕立てになればいいなと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告