2018年クレマチス・ルーベンスの成長記録をまとめました

スポンサーリンク

2018年から我が家の庭を彩るために加わったクレマチス。つるバラのように大きくなるモンタナ系のルーベンスですが、鉢植えでコンパクトに育てることにしました。そのルーベンスの成長をまとめました。

酷暑対策として鉢植えで仕立てる

まずは植え替えです。モンタナ系のルーベンスは中国からヒマラヤに自生する品種ですから、日本の高温多湿の気候は苦手で、7~8年で突然枯れてしまう事があるようです。我が家では鉢植えにして夏場に鉢を移動できるようにしました。

先日購入した4種類のクレマチスを植え替えました。春先より今植え替えたほうが土に馴染む時間があるので春からの成長が違うようです。

優しい雰囲気のルーベンスの蕾

ルーベンスに蕾がつきました。紫がかった蕾が枝垂れるようについています。その姿さえも美しく風情があります。

まさにつるバラ 昨年11月に我が家に迎えたクレマチス、モンタナ系のルーベンスに蕾がつきました。 モンタナ系とは クレマチスは世...

待ちに待ったルーベンスの開花

待ちに待ったルーベンスが開花しました。花数は少ないですが薄いピンクの小ぶりの花が素敵です。

昨秋に剪定された状態で迎えたクレマチスのルーベンスが咲きました。モンタナ系は花後につるを伸ばし来年花を咲かせる性質ですので、これからどれだけ伸びるのか楽しみです。

つるが伸びる伸びる・・・

花後の成長は想像以上でした。120㎝のトピアリーを埋め尽くすほどの勢いです。これだけつるが伸びれば来年は株を花が覆いつくしてくれるのではないかと期待してしまいます。

昨秋に迎えたモンタナ系クレマチスのルーベンス。花が終わってから噂に違わぬ伸長力を見せています。鉢植えにもかかわらずすでに120cmのトピアリーもかなり埋まっています。一体どれだけ伸びるのでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告